運動しているのに、血流が悪い冷えの原因は大阪ヨガのレッスンで納得

体験申込はこちら

ブログ

運動しているのに、血流が悪い冷えの原因は大阪ヨガのレッスンで納得

2020/11/22

運動しているのに、血流が悪い冷えの原因は大阪ヨガのレッスンで納得

運動しているのに、血流が悪い冷えの原因は大阪ヨガのレッスンで納得

 

結論から申しますと、

本来の体の正しい筋肉の使い方がもしかしますと違ったように動かせることで

血流を遮断しているだけでなく、

筋肉の状態までもさらに悪くしているかもしれません。

 

筋肉に寄り添って走行している血管やリンパ管、神経などは

筋肉の状態、更には筋肉の位置を決めている関節のゆがみにも

影響してしまっていることが多く、

 

間違った運動や体の動きを生活の癖で繰り返していますと

それが原因でさらに悪化する方向へ悪循環となりやすいです。

運動しているけど、整骨院に通っている??

 

それに疑問を感じることはございませんか。

 

スポーツなどの競技ですと時にはマッサージや整骨院も必要かもしれませんね。

 

健康のための運動やヨガ、エクササイズでは本来整え、築き上げるためのものですね。

理想ではここで完結させたいところです。

 

筋肉のねじれや筋肉の凝りは、血管やリンパも圧迫してしまいがち。

そして筋肉の位置を決める骨格のゆがみが、筋肉のねじれも生じさせることでしょう。

雑巾を絞ったような筋肉の間に血管やリンパが走行しているとどうでしょう。

血流がいかず、また心臓へ戻ることもはばかってしまいます。

 

温めても、運動しても脚が冷えるのは、不思議と思われたことございませんか。

しっかり血管もリンパ管も存在するのですが、本来の役目を果たさずにおります。 

 

従って、運動しても脚ががむくむ足が冷えるなどのお悩みがあれば

普段の生活行動の動きや運動の仕方を今一度、チェックしてみられますことを

お勧めしいたします。

JR野江駅からすぐ

ホリスティック Muna Yogaスタジオ

大阪市城東区旭区ヨガピラティス

https://holistic-munayoga.jp/

運動しているのに、血流が悪い冷えの原因は大阪ヨガのレッスンで納得