腰痛は自発的は運動を行う大阪ヨガで改善

体験申込はこちら

ブログ

腰痛は自発的なストレッチ運動を行う大阪ヨガで改善

2019/04/15

腰痛は自発的な運動である大阪ヨガで改善

大阪の野江にあるホリスティックMunaYoga 

統合医療の観点から

健康へのとりくみとしてみなさまから信頼あるスタジオ

 

適切に動かせることで、本当の意味での改善が見込めます。

従来のように、身体を動かせ筋肉を養って、

関節の不調を取り除きましょうという考えは、一部のみ一理ありますが

本当の意味では適切ではありません。

 

疾患や不調があれば、まず医療機関にて検査、相談してみましょう。

身体を動かせてよいと了解が得れれば、

適切に指導を受けれる、統合医療においても信頼と経験の深い

ヨガインストラクターより

自発的な運動により適切に統合医療にて自己の意思て継続に励まれますことを

お勧めいたします。

 

統合医療分野での科学研究により

---------ヨガの科学的根拠----------

現在の研究で、入念に改変したヨガのポーズにより腰痛が緩和され、

機能を改善することが示されています。

 

他の研究でもヨガは(他の通常のエクササイズと同様に)生活の質を改善し、

ストレスを緩和し、心拍数や血圧を下げ、不安やうつ症状、不眠を和らげ、

全体的な体調、体力、柔軟性を向上させることが示されています。

 

しかし、一部の研究によると、ヨガで喘息は改善しない可能性があることが示され、

ヨガと関節炎の関連を調査する研究では結論が分かれています。

 

愛知健康の森健康科学医療センター より